テーマ:雑誌,書籍

なかなかいろいろ…

 第100回記念大会真っ盛りの夏の甲子園――なかなかのタイミングで刊行された、興味深い一冊。  病んでいるのはどの世界、業界も……いろいろあるよ、いろいろね。 [井] 甲子園という病 (新潮新書)新潮社 氏原 英明 Amazonアソシエイト 甲子園という病 (新潮新書) [ 氏原 英明 ]楽天ブックス 新潮新書 氏原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしも総選挙…

 日本のリングで闘ったことのあるすべての現役選手を対象に――  同じ要件でボクサーを選ぶのも面白そうだなと思う人、そんなに多くはないか……(笑)。  むにゃむにゃブツブツ唱えている、送り盆。 [井] Number PLUS プロレス総選挙 2018 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"バンタム級王者のバトン"

 もうすぐ「フランス×クロアチア」で決勝を迎えるサッカーワールドカップ――が特集されているNumber。  その特別増刊号に、井上尚弥と山中慎介の記事。どこか涼しいところを探して一読しようかね。 [井] Number特別増刊号 グループリーグ突破 西野ジャパン23人の真実。 (Sports Graphic Number…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"泊まれる○○"

 こういうところ、好き(笑)。"泊まれる本屋"は特に。 https://tripeditor.com/15461?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000601_wed&utm_campaign=mag_9999_0523&l=uws15c8fb4  一度行ってみようか…と真剣に思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボクシング日和」

 女性作家によるライトな読み物。  こんなに選手の名前がたくさん出てきてたか…って、初出誌をほとんど読んでいなかったのがバレてまいますなw [井] ボクシング日和角川春樹事務所 角田光代 Amazonアソシエイト by ボクシング日和 [ 角田光代 ]楽天ブックス 角田光代 角川春樹事務所ボクシング ビヨリ カクタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1番だけが知っている

 放送直前に知り、外出先から家族に録画を頼んで視聴した、TBS『1番だけが知っている』。  ボクシング好きなら知らない人はいないであろう《香川照之×福田直樹》両氏の関係、ファイト写真の精度や素晴らしさについては触れるまでもないが――  個人的に唸ったのは、「熱病的思考法」も取り上げていたこと。  なんとなくうれしくなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"COMPANYTANK"

 ビジネス誌のカテゴリーに入るのだろうか、初めて見る媒体――行動範囲の書店では見つけられず、でも気になってポチり。  届くのは連休明け、かな…。 [井] 躍進企業応援マガジン COMPANYTANK(カンパニータンク) 2018年5月号国際情報マネジメント 2018-05-01 COMPANYTANK Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物本・サイン本

 14日(土)に横浜・伊勢佐木町の有隣堂書店で行われる予定のサイン会は…満員御礼のようだ。 http://www.yurindo.co.jp/honten/6706  いいね。 [井] 怪物KADOKAWA 2018-03-28 中村 航 Amazonアソシエイト by 怪物 [ 中村 航 ]楽天ブックス 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"素敵なダイナマイトスキャンダル"

 素敵なダイナマイトスキャンダル。やっと観賞できて――とてもよかった ^^v  読み返してみようかと思い、本棚から原作も引っ張り出してみた。 [井] 素敵なダイナマイトスキャンダル (ちくま文庫)筑摩書房 末井 昭 Amazonアソシエイト by 素敵なダイナマイトスキャンダル (ちくま文庫) [ 末井昭 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物本

 KADOKAWAから刊行された『怪物』を購入、さっそくページをめくる。  制作・編集には一切、関わっていないけれども(…なんて言わないでもわかるかw)、ボクシング本はあまり売れない、なんて"痛説"を覆してくれるといいな。 [井] 怪物KADOKAWA 2018-03-28 中村 航 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代中量級 【酔いどれ前のひとりごと vol.195】

vol.195 80年代中量級  村田諒太が表紙のNumber 944号に、80年代ミドル級の記事があった。4人の名だたる選手がぶつかり合って活躍していた。  僕にとって、がっぷり四つの、堂々の感じの対戦は、レナードvsデュラン初戦、レナードvsハーンズ初戦、ハグラーvsハーンズだった。  試合が実現するまでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Number 944

 きょう18日(木)発売のNumber 944号は、ボクシング特集。  特に気になるのは――“全米が待望するイノウエの再襲来”かな。  しかしまあ、944号とはスゴい。  大台の《1000号》は、ちょうど2020年春くらいの刊行になる計算か。心が震える好ファイターたちによる名勝負を、生きて堪能できていたら……イイな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野村のイチロー論」

 正直に言う。私はイチローが好きではない。  この書き出しに魅かれ、昨今飽和状態で購買意欲があまりわかなくなっていた“ノムさん本”を、久々に購入。  イチローの技術や実績はもちろんおおいに認めつつ、しかしほめられないことも少なからず…と思っているあろう(≒好きではない)ことは、いろいろ見たり聞いたり読んだりして推測できたけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幸運な男」

 ヤクルトファンでなくても、その名を思い出せる野球好きは数多いであろうピッチャー、伊藤智仁を綴ったノンフィクション。  タイトルも内容もいい、力作だった。  奪三振新記録を目前にして打たれた、篠塚和典(巨人)のサヨナラホームランーー  あれからもう四半世紀かい…なんて思うようになっている、自身の年寄りくささもまた痛感さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「怪物」

 まだ少し先のことながら――  3月、井上尚弥を描いたノンフィクションが刊行されるようだ。  発売までまだ2カ月以上あるのに、もうカバー画像(?)ができていることも含め、気になる一冊…。 [井] 怪物KADOKAWA 2018-03-28 中村 航 Amazonアソシエイト by 怪物 [ 中村 航 ]楽天ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次のナンバー

 あした4日に発売されるNumber――の次の号はボクシング総力特集、だそうな。  発売は1月18日(木)。ちょっと楽しみだ。 [井]
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考える…

 まだ読了していないけれど――良書、と個人的に思う一冊。 [井] 考える障害者 (新潮新書)新潮社 ホーキング青山 Amazonアソシエイト by 考える障害者 (新潮新書) [ ホーキング青山 ]楽天ブックス 新潮新書 ホーキング青山 新潮社カンガエルショウガイシャ ホーキングアオヤマ 発行年月:2017年1 楽天市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CoCoKARAnext

 井上尚弥、そして大橋秀行会長インタビューのほかーーー  ラーメンの“駅から遠い店”8選、が目に止まった。腹におさめたくなった…。 [井] CoCoKARA NEXT(3) 2018年 01 月号 [雑誌]: 月刊バスケットボール 増刊日本文化出版 2017-12-07 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東大から刑務所へ」

 よく行く書店で、目当てにしたモノよりもこっちのほうが面白そうと思って購入。  こういう組み合わせもあったか――と何となく感心。積んでおかず、さっそくページをめくっている…。 [井] 東大から刑務所へ (幻冬舎新書)幻冬舎 2017-09-23 堀江 貴文 Amazonアソシエイト by 東大から刑務所へ (幻冬舎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“ブレークポイント”など…

 物語のなかで唐突に出てくるボクシングジム。どこがモデルなんだろう…なんてことも考えつつ全編読了。  第9回「エキナカ書店大賞」を受賞、希望と感動のミステリー2017年上半期第1位――帯にあるキャッチどおり(?)、秀作ぞろいの一冊だった。 [井] 終電の神様 (実業之日本社文庫)実業之日本社 2017-02-03 阿川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棚から「アリ対猪木」

 写真整理をしながら棚もあれこれチェック。気になってポチり、でも"積ん読"状態にしていた一冊をひきだす。  そろそろ読み始めるべし。 [井] アリ対猪木――アメリカから見た世界格闘史の特異点亜紀書房 ジョシュ・グロス Amazonアソシエイト by アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点 [ ジョシュ・グロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ち過ぎた監督

 もっと早く、積むんでなく読んでおかねばいけなかった力作。  いつから積ん読棚に置いていたか記憶が定かじゃないけれど……読み応えあり。  さあ、次(の一冊)だ。 [井] 勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇集英社 中村 計 Amazonアソシエイト by 勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇 (新書企画室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アドバイス

 冒頭のイチローに関する記述から、なるほど…な内容多々。ためになる一冊だった。  読んだ人、けっこういるのでは…と想像するが、どうだろ🤣 [井] 落合博満 アドバイス―――指導者に明かす野球の本質ダイヤモンド社 落合 博満 Amazonアソシエイト by 落合博満 アドバイス 指導者に明かす野球の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二番目の悪者

 いろいろ感じ入るものがある絵本、『二番目の悪者』(小さい書房)。  自分は「銀のライオン」でいられるよう努めたい。そう自戒する一冊だった……。 [井] 二番目の悪者小さい書房 林 木林 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"辰吉さん"

 書店でなんとなく手に取ってパラパラめくり、ある登場人物の名前が目に止まっただけで購入した、『吹部!』(角川文庫)――東京都八王子市にある高校の、吹部(すいぶ=吹奏楽部の略)の物語――を読了。  楽器店のオーナーで主人公の一人にチューバを教えることになる人が出てきて…その人の名が、「辰吉さん」だった。  登場頻度はそれほどで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

酷暑で読書

 次戦決定、引退発表、映画公開等々、内外新旧のトップボクサーに関する話題に一喜一憂、8月下旬から9月にかけてはほぼ週末ごとに開催される注目カードを楽しみにする真夏――  と他人事(ひとごと)のようにブツブツ言うしかないのが惜しいのだけれども……  変わらぬ酷暑の中、読み進めている小説がなんだか面白く、少しばかりホッコリしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイト

 目に止まりやすい、劇画調の…しかもハードカバー。  いっぱいになって久しい我が積ん読棚には納まりそうもなく(&持ち合わせもなく ^^; )、未購入だけど・・・・気になる作品だ。 [井] ファイト中央公論新社 佐藤 賢一 Amazonアソシエイト by ファイト [ 佐藤賢一 ]楽天ブックス 佐藤賢一 中央公論新社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強父論

 流行りの形容詞は使わないようにしなさい。すぐに文章が死ぬ ――  等々、自身と同じ書き仕事に携わって日が浅い頃の娘(=著者)にしていたという文章指南で、印象深いコメントもいくつか。  想像していたよりも面白く読めた。 [井] 強父論文藝春秋 阿川 佐和子 Amazonアソシエイト by 強父論 [ 阿川佐和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"I AM DURAN : The Autobiography"

 このとき見つけた本――ほんとに買ってしまった。  見てのとおり(?)、えいごのホン。生きてるうちに読み終えられるだろうか ^^; [井] I am Duran: The Autobiography of Roberto DuranMacmillan Roberto Duran Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの「プロ野球ニュース」のすべて――

 いまやCSのみの放送となっている、プロ野球ニュース。野球報道を変えたこの番組の"すべて"がつづられている、予約しておいた一冊が届いた。  積む前に…というか積まずに読もう。 [井] オレたちのプロ野球ニュース: 野球報道に革命を起こした者たち (TOKYO NEWS BOOKS)東京ニュース通信社 長谷川 晶一 Am…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more