テーマ:西岡利晃

西岡利晃GYMオープン!!

 西岡利晃が直接指導! というボクシングジム(〒663-8247 兵庫県西宮市津門稲荷町5-10 フレクサンス北今津2F)がきょう9月18日、兵庫県西宮市にオープンする。 ▼ ▽ ▼ ▽ ▽ ▼ ▲ △ △ ▲ △ ▲  フィットネスジムとしてのスタートで当面協会加盟はしないようだけれども、いずれは――!?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西岡利晃の言葉に、またうなずく

 先週放送の、西岡利晃出演のanother sky(日本テレビ)を、ようやく見ることができた。ラストにノニト・ドネアが出てきて驚いた…。 日本人は本場から見ると イチ世界チャンピオンとして見られてるだけで… でもそこ(ラスベガス)でメインイベントを戦うには 世界チャンピオンに日本でなったからやらせてよと言っても、 そう簡単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村田も井上も西岡も

 25日(日)に行われる《柴田明雄×村田諒太》、《田口良一×井上尚弥》の注目カード――  当日中継のダイヤモンドグローブ・スペシャル →→→ のほか、今週から来週末にかけて放送される2つのボクシング関連番組も気になる。  まずはあさって23日夜、西岡利晃が出演のanother sky(日本テレビ)。  そして来週31…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「長谷川穂積」 by 西岡利晃

 22日の長谷川穂積vs.アルツロ・サントス戦を批評した「西岡利晃オフィシャルブログ」―― http://ameblo.jp/omoidouri/entry-11432757563.html  内容への賛否は見た人それぞれあろうが(自分は西岡氏が言うほどの「厳しい」内容とは思わなかったが…)、こうして忌憚ない意見を表明しあう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西岡利晃の魂

 西岡利晃を取り上げた、NHK アスリートの魂。時任三郎の滑舌イマイチなナレーション以外はよかった(この前にWOWOWで放送されたノンフィクションW=来月はマニー・パッキャオを取り上げるらしい=も同様に)。  で、ノニト・ドネアに敗れた結果は悔しいけど…やりきった、と先日引退発表。  日本の中の日本人しか知らない世界チャンピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰還

 忙しないロサンゼルス出張を終え、なんとか無事に帰還。  あしたから再び忙殺されるであろう様々な現実を想像し、少しこわい気分にもなっているけれど…起きられるだけ起きて録画チェックをしておこうか。……で、遅ればせながら写真1枚アップ(↑)。 [井] BOXING 名勝負大全 ~BATTLE of LEGEND (白夜ムッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドネアTKO勝ち

 ドネアは速く、強かった―――。 ☆世界スーパーバンタム級タイトルマッチ ノニト・ドネア(フィリピン)  TKO9R 1分54秒 西岡 利晃(帝拳)  お互い慎重すぎたせいか、静かだった序盤。  ここ何戦かで見られた粗雑さがなく、ドネアが速くコンパクトな攻撃に終始したことで、西岡の勝機は薄まってしまったか。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ドネア121.6、西岡121.8

 あしたホームデポセンターで闘うノニト・ドネア&西岡利晃の両雄が、ロサンゼルス近郊のホテルで公開計量に臨み―――  先に乗ったドネアが121.6ポンド(55.16キロ)、そして西岡は121.8ポンド(55.25キロ)で、それぞれパス。  秤を下りたあとの“ご対面”の儀式ではつかいみあい……にはならず。西岡は楽しげな笑顔を絶や…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

LA → Carson

 9時間強のフライトでロサンゼルスへ降り立ち、レンタカーで初訪問の地Carsonへ。想像していたより、暑くない。  Home Depot Centerの場所を確認し、近くの安宿へ入って一息ついたら…外はもう暗くなっていた。  ただいま11日夜11時半すぎ。  Weigh-Inはあした午後3時(日本時間13日午前7時)予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Speed King か Filipino Flash か

 できている予定だったことの多くができていないまま、出発しなければいけない時間になってしまった…。  無事に着き、そして帰還できるのよう祈りながら、もうすぐ機上の人に。  Speed King か Filipino Flash か――当ブログ、Twitter、Facebookページ等々にて現地から諸々発信できる…はずなので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Fight Week !!

 いよいよ、楽しみな大一番が今週末に迫ってきた。  幸か不幸か、ドキドキがまぎれてしまうくらい、諸作業で忙しない日常になっているのだけれども――すばらしい試合になり、かつ好結果が出ることを期待してやまない。  そんなことをぼんやり考えながら、あした飛び立つ準備を・・・・もう少ししたら始めます。 [井]
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西岡利晃『すべては夢の過程だから。』

 西岡利晃が、『すべては夢の過程だから。』(KKベストセラーズ)を刊行。  もう19年もプロボクサーやってんだなァ…なんてことに感心しつつ、まだ読み途中ながら、耳を傾けるべき言葉に頷いている。  10月13日(日本時間14日)に迫ったノニト・ドネアとの大一番はどんな「過程」をたどるのだろうか――。 [井] す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

《名勝負》に実れ

 10月13日(日本時間14日)の「西岡×ドネア」をはじめ、11月にかけての要注目試合が発表されている。  残暑すさまじきこのごろ、10月とか11月と聞くだけでほんの少し涼しくなれ・・・・はしないけれども、楽しみな気分にはさせてもらえる。  どんな「名勝負」を作り出してくれるのか、記憶に残る好ファイトを演じてくれるのか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「西岡vs.ドネア」…10/13!

 「西岡利晃vs.ノニト・ドネア」の一戦が正式に決まった。  日時は10月13日(土)、開催地はアメリカ・カリフォルニア州カーソンのホームデポ・センター。 http://ringtv.craveonline.com/blog/174203-donnaire-nishioka-rios-alvarado-on-oct-13-a…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「西岡vsドネア」進展?

 スーパーバンタム級の2トップ、西岡利晃とノニト・ドネアの対戦交渉が「進展」している――みたい。 帝拳からドネア側に正式なオファーは出していて現在交渉真っ只中なので、決まらなければドネアが断ったということです  という本人の熱心な“挑発”が実ることを願うけれど、ドネアがその前に臨むクリスチャン・ミハレス戦(BoxRecによる…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

プロフェッサー本田

 国内最大のプロモーター・本田明彦。  セニョール、本田会長、日本ボクシング界のドン、シャチョサン…、呼び名や愛称は多く? あれど、私は本田さんにこの名を贈りたい。  〝プロフェッサー〟(教授という意味)  本田さんと直にお会いしたのは一度きりしかないが、メディアを通して見聞きする彼の発言にはロジカルな思考に基づくクレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Toshiaki "Speed KING" Nishioka !!

 日本人世界チャンピオンが、ラスベガスのリングでメインを張る――そんな日が訪れたことだけでまず、再三言っている通り大いなる快挙。そこで名のある相手に堂々の内容で勝った。  称えられるべきことの一番は35歳という年齢じゃなく(それももちろんスゴい)、そこだ。しかも、恥ずかしながら一時は“もう終わってしまった”と思った男が…。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

西岡122_マルケス121

 アメリカの"FIGHT TOWN"ネバダ州ラスベガスでの、ボクシングファン要刮目の一戦がいよいよあしたに迫った。  WBCスーパーバンタム級タイトルマッチ「西岡利晃vs.ラファエル・マルケス」。10月1日(日本時間2日)の試合に先立ってMGMグランドで行われた公開計量――アンダーカードの選手たちも含め無事に済んだようだ。  ↓…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

待ち遠しき「西岡利晃vs.ラファエル・マルケス」

 ラスベガスでラファエル・マルケス(メキシコ)との一戦に臨む、WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃(帝拳)。  世界チャンピオンとして当地のリングに上がることじたい「偉大」といっていい快挙、というのはクドいくらい言ってきたけれども――Fightnews.comはじめ、現地メディアが関連記事を報じる頻度がそれなりに高いこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fight Week――西岡利晃vs.ラファエル・マルケス

 来週の今頃は、WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ「西岡利晃vs.ラファエル・マルケス」の一戦について触れていることだろう。  世界チャンピオンとしてベガスのリングに上がり、コールされる――世界チャンピオンになっただけじゃ立てない大舞台だ(以前にも言ったかもしらんけど、もう一度)。  空港のバゲージクレームやタクシー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西岡利晃、ラスベガス! …つづき

 少ない写真が出てきた。  10月1日(日本時間2日)、WBC世界スーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃(帝拳)がラファエル・マルケス(メキシコ)との防衛戦に臨む、ネバダ州ラスベガスはMGMグランド――2007年12月(もう4年近くも前か…)、メイウェザーvs.ハットン戦の前日に行われた「MGM GRAND」の、ボウルルーム(!…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西岡利晃、ラスベガス!

 10月1日(日本時間2日)、WBC世界スーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃がラスベガスで、ラファエル・マルケスを相手に防衛戦を行うことが決まった。  日本人ボクサーがラスベガスの、しかもMGMグランドのリングに世界チャンピオンとして上がり、コールされる――。  そんな日がほんとうに訪れることになるとはなァ、と感じ入るも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西岡は両国国技館で

 WBC世界スーパーバンタム級チャンピオン、西岡利晃(帝拳)の「V5戦」は、10月24日(日)に東京・両国国技館で行われることになった。  相手はランキング1位のレンドール・ムンロー(イギリス)。  個人的には、また敵地でたくましく闘う姿を見たい気もしていたが…もちろんホーム開催を喜んでないわけではない。  WBCの“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西岡V5戦

 レンドール・ムンロー(イギリス)との指名試合――WBC世界スーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃(帝拳)が臨むV5戦は、10月下旬の日本開催が濃厚みたい。 http://www.boxingscene.com/?m=show&id=29237&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トップランナー西岡利晃

 自分があきらめなければ…その道は続きますから。あきらめたら、すべては終わりですから――。  トップランナー(NHK)に出演したWBC世界スーパーバンタム級チャンピオン、西岡利晃(帝拳)が語った締めの言葉が印象に残った。  よく聞く言葉ではあるけれども、彼が言うと説得力がある。  こういう言い方あまり好きじゃないん…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

うれしい競演構想――長谷川穂積&西岡利晃

 いいねェ。WBC世界バンタム級チャンピオンの長谷川穂積(真正)とWBC世界スーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃(帝拳)――2009年のMVPを争った? 2人が、2010年春に同じリングで“競演”。  階級問題に揺れる長谷川は11度目の防衛戦かフェザー級での挑戦者決定戦になるのか。  挙行は4月、開催地は関東だというのが…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

凱旋――リナレス&西岡

 WBA世界スーパーフェザー級チャンピオンのホルヘ・リナレスと、WBC世界スーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃(ともに帝拳)による、ダブル防衛戦が決まった(相手もともに未定)。  時は10月10日(土)、会場は東京・国立代々木競技場第二体育館。  10月10日――響きも字面もいい感じ。過去、ファイティング原田や具志堅用高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西岡快挙、久々拳闘呆談

[井] ご無沙汰ですね。 [鈴] …ですね。 [井] お元気? [鈴] ええ、まあ…。はははは。 [井] ……。 [鈴] というわけでなかなか書かないワタクシに業を煮やした[井]さんの策略で、今回は呼び出されて口述筆記と相成った次第で。 [井] 策略じゃないでしょ、何て言いぐさだい。これじゃ「非常勤編…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「西岡利晃vs.ジョニー・ゴンサレス」

 メキシコのモンテレーで行われたWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、チャンピオンの西岡利晃(帝拳)と挑戦者ジョニー・ゴンサレス(2位/メキシコ)の一戦は―――  西岡が左ストレート一発でゴンサレスを沈め、3回1分20秒KO勝利。  知人に教えられてなんとなく見ていた地元テレビのネット中継(?)・・・・いやー、見て…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

西岡&小堀――2009「開幕戦」観戦記

 米国の金融危機に端を発した世界的不況。私も決して無縁ではなかった。  3階指定席、3000円…。  女房の顔色をうかがいつつ、入手したチケットだ。幸いなことに、座席は中央の最前列。「聞いてない!」という罵声を背に、横浜へと向かった。  到着すると、翁長吾央(大橋)の試合は終わっていた。少し楽しみにしていたので残念だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more